Page Top

NYアート展「ART EXPO NEW YORK」で日本人アーティスト 豆塚 久美子さん最高賞受賞

 世界中の最先端アートが展示される「アート・エキスポ・ニューヨーク(ART EXPO NEW YORK)」が10月28日~31日、ニューヨーク・マンハッタンの「Pier 36(ピア・36)」(299 South Street)で開催された。(ニューヨーク経済新聞)

 同展示会は1978年より約40年間に渡り、アートと文化の中心地・マンハッタンで開催。規模は世界最大で毎年バイヤーやギャラリスト、アートディレクター、建築関係者などが多く来場する。

 今年も地元ニューヨークをはじめ世界中から400以上のギャラリーや出版社、世界を牽引するアーティストや写真家が参加、10000点以上の作品が展示された。

 日本からは「Hexagon artist®」(ヘキサゴンアーティスト)として活躍する豆塚久美子さんが参加。豆塚さんのブースは六角形と数字、無限をコンセプトとした鏡貼りのブースが来場者の目を引き、脳の松果体に着目し、第三の目を兼ね備えた六角形のサードアイサングラスや、鏡に映った虚像までも作品に取り込んだ技法で「BEST INTERNATIONAL EXHIBITOR(ベスト・インターナショナル・エグジビター)」を受賞。2021年展の最高出展者として表彰された。

 受賞した豆塚さんは「子どもの頃から芸術家になりたいという夢を持ち続けてきた。今回の受賞で自分のやってきたことが間違っていなかったという自信につながった。この喜びを伴侶や家族、応援してくれた人たちと分かち合い制作活動の原動力にしていきたい。今後も人が驚き世界が平和になるような作品制作に挑戦していきたい。」と話した。

ニューヨーク経済新聞
https://newyork.keizai.biz/headline/1747/



ステートメント

 初めまして。日本で生まれ育ったHexagon artist®ことKUMIKO MAMETSUKAと申します。

 実家が果物店で、いつも身近に多くの果物があって育ちました。生き生きとした果物の色、つまり鮮やかな原色の色に囲まれていたので、原色を使用して描くのは私にとって自然な流れでした。
また、果物とそれを引き立たせる為の籠の色や異種の果物を並べる位置等、色の組合せが一見矛盾している様でも補い合って最後には調和してしまう。これが実に面白いものです。この環境で育った事が、作家としての原点なのだと思います。

 2019年始め、自身の芸術表現に悩み葛藤し涙を流した時に、頭の中に声が聞こえ啓示を授かりました。
「数字を描け」と。
数字は今や私達の生活に必要不可欠なもので、私達に最も身近な記号でもあります。
例えば誕生日、時間、緯度経度や科学技術等で、数字は大切な役割を担っています。
数字が発明されたことにより、記号という道具とともに論理的思考の基礎が築かれ、人類の美しい社会を創る上で欠かせない科学文明が発展したのは言うまでもありません。

 私は頭に降りてきた啓示とその時に起こった出来事から、啓示の言葉である「数字」の意味を「数字と幾何学」と解釈し、その瞬間から六角形に数字を描くという芸術表現を確立しました。
私はこの数字と幾何学に、人智を超えたパワーと魅力、そして導きを感じています。

あらゆるモノの根底の形である六角形に強く惹かれ、確信したのは次の理由からです。

 六角形は自然界に多く存在しています。例えばDNAとRNAの塩基や雪の結晶、水分子、トンボの複眼、そして太陽表面でベルーナ対流により発生する粒状斑等も六角形です。近年では、土星の北極の渦も六角形だと観測されました。

 自然界で作られた最も代表的な六角形は蜂の巣です。つまりハニカムは、柔軟性や強度があり、そして音と衝撃を吸収します。それ故に、家の壁、飛行機の翼や壁の材料及び宇宙に浮かぶ人工衛星機材の理想的な構造として採用されている程、優れた形状なのです。
その図形から、更に奥深くインスピレーションを手繰り寄せました。

 現在は六角形をはじめとした多角形、幾何学模様、神聖幾何学。それら意味を持つ図形からのメッセージを辿りながら、実像と虚像へと様々な作品に芸術に落とし込んでいます。


Hexagon artist®
KUMIKO MAMETSUKA

プロフィール

KUMIKO MAMETSUKA

略歴

  • 1984福岡県生まれ
  • 2007BE-STAFF MAKEUP UNIVERSAL 卒業
  • 2012香蘭ファッションデザイン専門学校 卒業

展示会

  • 2021アートエキスポニューヨーク2021 (ニューヨークピア36):2021年展最高出展者賞受賞
  • 2021ミネルバ2021 ロンドン(マル・ギャラリーズ):2021年度 英国王立美術家協会名誉会員
  • 2021現代日本アーティスト展(西山美術館 東京)
  • 2020ダ・ヴィンチとの邂逅(フランス・アンボワーズ  クロ・リュセ城)
  • 2020第28回 国際平和美術展(京都~リトアニア・ビリニュス旧市庁舎)
  • 2020アートブレンド(スイス・ローザンヌ ギャラリースイスアートスペース):審査員特別賞
  • 2019ジャルダンエディハドモダンアートギャラリー(アブダビ)
  • 2019フリースタイルボートライド ライブペインティング(ニューヨークピア83)
  • 2019アートエキスポニューヨーク2019(ニューヨークピア90)
  • 2018東京タワー文化フェスティバルⅢ(東京タワー)
  • 2015日本・フランス現代美術世界展(新国立美術館)
  • 1993パイロット平尾地区非行防止ポスター展(福岡県中央警察署):最優秀賞
当サイトではBGMが流れます。再生しますか? YES / NO